本文へ移動

暇な時に読んでください

県立高校 志願者数決定③

2021-03-02
行橋高校は、農業技術が52/40、環境緑地が53/40と安定の数字。生活デザインは77/80と定員割れしており、総合ビジネスは42/40となっている。
5年前くらいまでは、ちょっと勉強が苦手な女の子が生活デザインを受験していたので定員割れなんて全くなかったけど、時代の変化によるものなのか、これで二年連続の定員割れとなってしまった。
育徳館は、今年度から外部からの募集が80人から40人になり、(ただし、中学からの生徒で他の高校を受験する生徒が10人弱いたようで実質募集は50人くらい)部活動の人数確保のためか推薦入試でそのうち43名を合格させていたので、残り一般枠は7人となった。それに対し志願者がどの程度いるのか興味深かったが、6人ということでおさまった。
小倉商業に関しては、334/240という事であいかわらず受験者が多い。しかしこれは、第二学区には、特に女の子にとってこれ以上偏差値が低くかつ自分にあった学校が無く(北九州高校の体育科くらいしかない)、どんなに勉強が苦手な子でもダメもとで小倉商業に願書を出す生徒が多いので、こういった現象になると思われる(行橋高校の農業技術が毎年多いのと同じ感じか?)
うちの生徒達は、ダメ元でなんて全く考えてない。敢えて高見を望んだチャレンジである。やるべきことはしっかりやてきたので、自信を持って受験してきてほしい。
TOPへ戻る